神奈川県立厚木西高等学校

神奈川県立厚木西高等学校
〒243-0123 神奈川県厚木市森の里青山12-1
TEL(046)248-1705 : FAX(046)248-7461
アクセス
ホーム-学校紹介-環境教育・SPP

SPP

SPP (サイエンス・パートナーシップ・プログラム)とは、独立行政法人科学技術振興機構(JST)が主体として行っている事業で、本校では立地条件を生かして近隣企業や大学の協力のもとに、平成22年度より「環境」をテーマとして取り組んで来ました。 

平成26年度

平成26年度は、錯覚について、NTT先端技術総合研究所と東京工芸大学の協力を得て講義や体験・実習を中心とした講座を設定します。NTTではICTに活用されている錯覚の中の錯視や錯聴、実社会での錯視の有用性について学びます。大学では色調や色合いについて学び、色が人に与える心理的影響を考察します。最終的には、それらを応用して錯視のデザインに挑戦し、これらの技術を利用した応用例の提案を目標とし、発表する予定です。

協力:
NTT先端技術総合研究所 東京工芸大学

平成25年度

平成25年度は、私たちの生活から切り離すことのできないコンクリートの経年劣化に焦点を当て、佐藤工業株式会社の協力を得て実験・実習を中心とした講座を設定します。コンクリートの有用性を理解し、生徒が、実際に添加物の量を変えたコンクリートを打設して強度試験を行い、比較検討を行います。さらに、東京都市大学の先生とともにいろいろな現場に赴き、コンクリート建造物の見学、検査、調査をします。また、実験や調査についてまとめ、発表します。

協力:
佐藤工業株式会社 メイテック株式会社 東京都市大学 神奈川工科大学

平成24年度

「燃料電池~クリーンなエネルギーを考えよう~」
「自転車の安全性をデザインする」
協力:
日産先進技術開発センター 神奈川工科大学 東京工芸大学

平成23年度

「環境分析から導くエコプラン」
協力:
株式会社フジタ技術センター クリタ分析センター株式会社 神奈川工科大学

平成22年度

「先進技術に触れる」
協力:
NTT先端技術総合研究所 株式会社富士通研究所 神奈川工科大学
ページのトップへ戻る